事業案内(システム開発・ソフトウェア開発)会社情報採用情報ニュース&トピックスお問い合わせ
トップページ事業案内九電プロジェクト設備保全データの活用事例

設備保全データの活用事例

保全支援ツール/データ分析ツール客先:株式会社九電ハイテック/九州電力株式会社

 電力輸送部門ITシステム(以下、TSMS)に蓄積された設備保全データを活用し、更なる設備高経年化対応、安全、技術力向上に向けた「保全支援ツール」を平成26年に運用開始しました。
 「保全支援ツール」では、TSMSに蓄積されたデータに加え、制御システムで保有する運転実績や機器性能情報、その他の情報を取り込み、設備と保全業務の実態を見える化しています。
 当社は本ツールの設計・開発に参画いたしました。次ステップとしてシミュレーション機能の充実、ライフサイクルコストと信頼性のバランスの見える化等のテーマに取り組んでいます。
 本事例は、「お客さま訪問」でも紹介しています。 また、株式会社アシストさまのホームページにて事例紹介されました。
http://www.ashisuto.co.jp/case/industry/public/1198265_1560.html
保全支援ツール/データ分析ツール プロフィール


・保全支援ツール運用開始: H26年12月
・開発方法: 反復型開発方式
       (要求開発しながら開発)
・システム規模、利用技術
 - 16機能
 - 利用者:2000名
 - データ量:1億件
 - BIツール:QlikView*1
 - 情報活用サーバ:1台(Windowsサーバ)
※1 QlikView は、 Qlik Technologies Inc.の商標または登録商標です。
 弊社は、株式会社アシストさまと提携し、Qlik Tech社の製品をご提案、ご提供しております
保全支援ツール 画面イメージ


事業案内トップ九電プロジェクト開発プロジェクト研究プロジェクト
システムソリューション事例システム開発事例共同研究事例 お問い合わせはこちらからお電話でのお問い合わせはこちらまで