事業案内(システム開発・ソフトウェア開発)会社情報採用情報ニュース&トピックスお問い合わせ
トップページ事業案内九電プロジェクトシステムソリューション事例

システムソリューション事例

部門全体最適化システム TSMS客先:九州電力株式会社殿

 TSMS(Transmission & System operation Management System) は、九州電力株式会社電力輸送本部が「ITを活用した業務改革」のコンセプトの元、これまで業務毎に構築していたデータベースを統合し、統一データーベースを中心に業務のPDCAをまわすための部門全体最適化システムです。
 大きな特色は、重電メーカー3社と地場企業2社のジョイントベンチャー方式の開発でKEが設計事務所として参画しました。
TSMSプロフィール

奇跡のプロジェクト



設計事務所の役割
設計事務所の役割
■構想フェーズ ・コンセプトメーキング MUSE(*1)を用いて業務分析を行い、IT化へのコンセプトを策定しました。
・仕様取りまとめ支援 ユーザの新業務設計の作成とシステム仕様の取りまとめを支援しました。
■開発フェーズ ・プロジェクト統括管理 プロジェクトの統括管理を行いました。
・共通機能取りまとめ 複数の開発会社を跨いだ共通機能の取り纏めを行いました。
■運用フェーズ ・ヘルプデスク立上げ、運用 システム運開直後より、ヘルプデスクを立上げ運営しました。
・システムの定着支援 システム説明会や、リーダー研修会、取組み事例情報交換会の実施など、システム定着の為の支援を行いました。
・業務改革支援 TPM(*2)を活用し、業務改革に向けて現場の改善活動の推進を支援しています。
■横展開フェーズ ・技術系他部門横展開支援 経験や設計思想を元に、TSMSを他部門に横展開する為の支援を行いました。


設計事務所を設置した事による効果
設計事務所を設置した事による効果


TSMSトップ画面
感謝状受領風景
TSMSトップ画面 感謝状受領風景
TSMSの功績が認められ、他の開発会社と共に九州電力殿より感謝状を受領しました。



コミュニケーションツール「MUSE」について
*1
「場」の風を言葉に変える 〜実りある議論を通して、ものごとを整理するブレーンストーミング手法〜

日本人はシャイで、自己表現が下手、総じて議論が不得手。
そこで、全員参加で、声の大きい人に牛耳られない議論の方法 「MUSE(Methodological Universe for Systems Environment)」 が有効です。

▼その手法とは―――――――――――――――――――――

  1. 意見をカードに書き、
  2. 匿名で意見を出し合い(他人のカードを代弁する)、
  3. カテゴリ分けし、
  4. 整理・体系化する手法

MUSEの実施風景▼MUSEの効能は以下の通り―――――――――――――

  • 噛みあった議論ができる(議論の場が即座に作れる)
  • 物事が整理体系化できる
  • 意識統合、共通認識ができる
  • 創造力が喚起される(気づき、発見がある)
  • 人間関係が円滑になる

▼MUSEの説明資料―――――――――――――――――


 Copyright ACT Consulting Corp.


TPMとは?
*2
 TPM(Total Productive Management )とは、全員参加型の経営管理のこと。製造業の設備保全を中心に発展してきた企業体質の改善活動のことである。最近では、その考え方、進め方を取り入れて、これを保全部門だけでなく、開発・研究・営業・事務間接のあらゆる部門の活動として展開しています。
 日本プラントメンテナンス協会ホームページ


事業案内トップ九電プロジェクト開発プロジェクト研究プロジェクト
システムソリューション事例システム開発事例共同研究事例 お問い合わせはこちらからお電話でのお問い合わせはこちらまで